笑顔な毎日123

     趣味の充実と生活の工夫について

決めたルールは守るべし

「決めたルールは守るべし」とは、いろいろな場面で言えることだと思う。

 

仕事上のルール、学校でのルール、ゲームのルール等

挙げればきりがない。

 

ひいては、人生そのものがルールに縛られ、そして、ルールに守られていると言える。

 

ここでは、そんな幅の広くて深い意味ではなくて、最近私が行っている「投資」についての話である。

 

私は、これまでに書いたが、「日経225自動売買」と「トラリピ(FX)」のトレードを行っている。

 

しかし、これは価格変動に結構左右され、大きな含み損を抱える状態が長く続くこともあり、精神状態が揺れてしまうことが多い。

 

そこで、私の今後の投資は、裁量トレードを最終目標と考えている。

 

これなら、自分の思った利益と損失が、エントリーした時点で、ある程度確定されており、想定外の価格になったら損切りされるように設定できるので、必要以上の不安を抱えることはない。

 

トレードをしていると、利益が出るときもあれば、損をすることも当然ある。

これは、トレードをする上で、必ず起こる事である。

しかし、その損失が限定されることが非常に大きいと思っている。

 

 

さて、今日この話をするのは、ここ数日において経験した事である。

 

 

まずは、チャートを表示する。

f:id:tossy123:20210420074026j:plain

これは、GBP/USD(英ポンド/米ドル)の日足チャートである。

4/14の朝、チャンスと思って、エントリー(買い)をして(赤線1.37550の価格で)、その後、順調に価格は上昇していったが、4/16の夕方、チャートを見ると、上のような状態になっていた。

価格は大きく下落し、エントリー価格よりもかなり下の価格になってしまい、損失を抱える状態になってしまっていた。

 

これ以上下がったら、もっと損失が膨らんでしまうと思い、そこで、成り行き決済をして、最少損失額に食い止めようと考えた。

 

しかし、それは・・・

ルールを守るべし

と、思い直し、翌日の朝まで、そのまま待つことにした。

細かいことは書かないけれど、このトレードでのルールは、日足トレードなので、毎朝チャートをチェックし、エントリー&決済をするというものなのである。

 

このまま、ほおっておいても、設定している損切り価格になったら自動的に決済されるのである。

f:id:tossy123:20210420080056j:plain

エントリーの前々日の、1.36687の少し下に損切り価格を設定していた。

 

それと、踏みとどまれたのには、もうひとつ理由があって、(これも私のルールであるが)3枚同時にエントリーしていて、1枚を翌4/15の朝、2枚めを4/16の朝決済していた。

 

2枚とも利益が出ていたので、3枚目が損失になっても、合算すると、それほどの損失にはならないと言うのもあった。

 

しかし、日足が次のろうそく足になる朝に決済するのが最重要なルールであり、それを守るのが前提のトレードなのである。

 

よく、専門家や勝ち組のトレーダーたちが言っているのが、(日足でトレードする場合)

 ザラ場は見てはいけない!!

と言うのがある。

ザラ場とは、日中の価格が動いている時間帯のことである。

 

その動きから、想定と違った方向に動いてしまって、慌てて決済するが、翌日の朝チャートを開いてみると、元に戻ってきているか、想定通りになっているかのことが多いのである。

 

では、このチャートは、その後(4/16以降)どうなったかと言うと、

 

(4/20朝のチャート)

f:id:tossy123:20210420082231j:plain

ザラ場(4/16夕方)の価格1.37221だったのが、大きく持ち直して、さらにぐーんと価格は上昇していた。

 

そして、今朝もまだ伸びそうな様子である。

 

今後、どうなるかは分からないが、この1枚は、トレールを設定しているので、ここから価格が下がっても、結構な利益は確定していることになる。

 

※トレールと言うのは、エントリー以降の最高値(買いの場合)に対しての損切り価格の幅(価格差)が、価格上昇とともに追随していくので、ある程度上昇すると、そこから下落しても損失にはならなくなる。

 

これは、まだお試し中により、最少通貨単位で行っているので、損益は少額である。

これまで、約2か月ほどで、いろいろな通貨で10回ほどトレードを試みているが、7勝3敗と、まずまずの成績となっている。

 

私の考えたトレードルールが、うまく行くと確信できるようになるには、まだまだ経験が必要であり、検証も十分にやっていかなければならないと思う。

その上でルールの細かい修正も行っていきたいとも考えている。

 

軌道に乗れるように努力あるのみである。

 

 

 

 

低調だった 日経225CFD

先週、日経225CFD取引を始めて、約2か月ほど経過してのまとめを書いた。

 

順調に成績は伸ばして来ていたけれど、先週は今までで一番成績が良くなかった。

 

週あたり、いつも2桁の回数の決済があったのだが、先週は初めて、1桁で終わった。

先週までは、一番少ないのが、先々週4/5からの週で、

週あたり14回で、14,000円の利益であったが、

先週は、9回で9,000円に終わった。

 

チャートを見てみると、

 

(日足チャート)f:id:tossy123:20210419170003j:plain

先々週は、4/5の翌日の青色の陰線のように大きな動きからの変動で、それなりの決済があったが、4/15からは、その前の週に比べて少し動きが小さく見える。

 

と言うわけで、このチャートから成績はおまり良くなかったと言うことが見て取れる。

 

本日4/19(月)は、現在2本の決済が入っているようなので、今週は、また2桁になるように期待したい。

 

マクワウリ メロンを植えた

1週間ほど前から、ホームセンターに出回りだしていた

「マクワウリ」と「メロン」

そのころは、葉がまだ小さかったので、どうしようかなと思っていた。

 

今日、またホームセンターに訪れると、適当な大きさになっていたので、さっそく購入。

 

と思ったけれど、昨年購入したお店も覗いてみることにした。

すると、いつもお世話になっているホームセンターの苗よりもかなり価格が安く売ってあった。

 

去年も、ここで買ったし、安いと言うこともあり、マクワウリ3本とメロン3本を購入した。

f:id:tossy123:20210418161928j:plain

 

マクワウリは、黄金系で

f:id:tossy123:20210418162445j:plain

熟れると、とても甘く、メロンに近い味になる。

 

これは、もう10年来作り続けているが、収穫量の違いはあるにせよ、あまり出来・不出来はなく、たくさん収穫できる。

 

メロンの方は、去年試しに作ってみて、まあまあのメロンらしい味になっていたので、今年も挑戦してみることにした。

種類は、何が良いのか、よく分からなかったので、取り敢えず「プリンスメロン」と写真にある通り「ムーンライト」と「レッドムーン」というのを買ってきた。

 

まずは、植える位置の確認

f:id:tossy123:20210418163052j:plain

 

そして、

f:id:tossy123:20210418163148j:plain
f:id:tossy123:20210418163156j:plain

苗を植えていき、藁を周りにかける。

 

ここで、作業は終了する予定であったが、風が少し強く吹き始めたので、ビニールのおおいを被せておくことにした。

f:id:tossy123:20210418163401j:plain
f:id:tossy123:20210418163411j:plain

こんな感じですね。              こっちは拡大図。

 

キャップを被せるのもあるが、それだと、水やりが非常に面倒になるので、これにした。もう長年これでやっているので、良しとしよう。

 

10年来使い続けているので、棒の竹がぼろぼろになってきている。

そろそろ新しいのに交換しないといけないかも知れない。

雨の中 野菜の様子を見に行く

今日は、朝から雨が降っていて、野菜が気になったので、畑に行ってきた。

雨なので、水やりはしなくて良いのだが、強い雨で、苗が倒れていないかの確認である。

 

f:id:tossy123:20210417120049j:plain

昨日、水やりをしに行った時、かなり強い風が吹いていたので、予定より少し早く支柱を立てておいた。

 

これが、結果的に良かったのかも知れない。

支柱に支えられて、苗はしっかりと上を向いていた。

 

かつて、雨で苗が倒れてしまって、そのまま復活しなかった経験があったので、心配していたのだ。

 

葉の様子を見ると、緑が少し薄い感じがしたので、栄養を与えておく事にした。

f:id:tossy123:20210417120429j:plain

 

これである。

HB-101

 新聞にも広告欄に定期的に紹介されている。

 

 

f:id:tossy123:20210417120845j:plain
f:id:tossy123:20210417120854j:plain

今回は、葉っぱにだけ直接吹き付けた。

 

雨の中、この作業がどこまで役に立つかは分からないけれど、取り敢えず栄養を与えておいた。

 

帰りにジャガイモの様子を確認すると

f:id:tossy123:20210417121057j:plain

種芋を植えて場所、すべてから芽が出て、順調に成長しているようだ。

 

来週は、天候が回復しそうなので、そろそろマクワウリ等を植えようかと思っている。

 

庭に春の花を植えて、ガーデニングを楽しむ

畑に次々と野菜を植えて、充実しつつある我が家の園芸。

まだ植えてないけれど、来週には他の野菜も植えるように考えている所である。

 

そうなると、あれこれもっと工夫することはないかと心が踊ってくるもの。

 

野菜は、我が家の実家の畑で栽培しているけれど、生活している我が家の庭は、もう少し工夫が必要かなと思えてくる。

 

実家には、トマトを植えているが、昨年までは一緒に同じ場所で栽培していたミニトマトを庭でプランターで栽培することにした。

 

それとは別に、庭に花を飾ろうと思ったのである。

 

先日までの庭の様子

f:id:tossy123:20210416105730j:plain

玄関前のプランター

 

f:id:tossy123:20210416105742j:plain

玄関左手の様子

左端が植えたばかりのミニトマト、その隣は、実家の畑から移植したネギ。

ぶら下げ用のラティスがいかにも色あせて古めかしい(30年近く前のもの)

 

そして、庭の西側

f:id:tossy123:20210416110653j:plain

こうしてみると、それなりに花がある家と言えるかも知れないが。

 

去年、春から秋にかけて咲く花をプランターで育てたのが結構綺麗だったので、今年もまたほぼ同じものに挑戦することにした。

 

f:id:tossy123:20210416111034j:plain

去年のプランターを少し土を入れ換えて、肥料を施して花の苗を植える。

写真は、ペチュニアの赤と紫。

・・・と書いたが、ラベルには、レッドベロア ブルー と表示されていた。

 

 

f:id:tossy123:20210416111403j:plain

そして、カリブラコアの ブリリアントスター と レッド

 

f:id:tossy123:20210416112431j:plain

もう1種類は、サフィニアのピュアホワイト と ローズ

 

f:id:tossy123:20210416112613j:plain

こんな感じで、整列。

バランスを考えて、あとで別に場所に移動はしたけれど。

 

最初に、挑戦と書いたのは、手入れが割と大変と言う意味である。

ほったらかし状態にすると、大きく広がりすぎたり、秋まで咲き続けなくなってしまうのである。

 

このあたりは、妻が協力してくれると思うので有り難い。

去年は、初めての花だったので、二人とも苦労した憶えがある。

 

キャベツ 1回目の追肥

キャベツを植えてから、約3週間が過ぎた。

予定では、おとといくらいに追肥を与える計画にしていたが、天候が思わしくなかったので、今日追肥を入れた。

f:id:tossy123:20210415122422j:plain

3週間ぶりに、防虫ネットを外す。

 

f:id:tossy123:20210415122513j:plain

化学肥料を茎に直接当たらないように、株間に少量ずつ蒔く。

 

f:id:tossy123:20210415122734j:plain

肥料と土を混ぜ合わせて、土に馴染ませる。

 

f:id:tossy123:20210415122902j:plain

水をやって、土に肥料を染みこませる。

 

これで作業は、終わり。

 

f:id:tossy123:20210415123005j:plain

以前植え替えた苗も他の苗とは成長の度合いが違うが、少しずつ大きくなってきている様子。

 

f:id:tossy123:20210415123259j:plain

もう一度、ネットを張り直して、本日の作業は無事終了した。

野菜の苗の植え付け その後

4月9日に野菜の苗を植えたけれど、次の日には、萎れてしまっていたと書いていた。

f:id:tossy123:20210415112342j:plain

こんなふうに、いかにも元気がない。

 

原因として考えられるのが、

①水分不足   ②かんかん照りに近いので、地面の熱によるもの

 

肥料不足と言うのは、まず考えられないし、弱っているのに「更に元気出せよ!!」と肥料をやってはまずいと思って、取り敢えず、

水を、たあーーーーーーーーーっぷり、やっておいた。

 

その後であるが

その翌日、多少は元気を取り戻しているのではと期待したのにも関わらず、萎れ方は全然変わらないか、もっと元気なさそうになっていた。

 

2,3日様子を見るどころの話ではなく、直感的に、もうだめだなと判断をしたのである。

 

そして、その日のうちに15本、すべての苗の植え替えを行った。

 

f:id:tossy123:20210415112859j:plain

 

一部拡大すると

f:id:tossy123:20210415112926j:plain

 

ダメになった原因は、

①水分不足   ②かんかん照りに近いので、地面の熱によるもの

 

と、あの時点では書いていたけれど、もしかしたら、植え付けをしたばかりで、まだ土になじんでいないところに支柱を立てたので、根に少し傷を与えてしまったのも原因ではないかと思った。

 

そこで、①②を避けるために、藁を根の周りに敷いて、直射日光が地面にあたらないようにして、地面の熱が上がりにくいようにした。

 

水やりをした時に、藁に水が染みこむので、乾燥を少し防ぐことにもなる。

 

そして、今回は支柱をすぐには立てず、しばらくこのまま成長を見届け、ある程度伸びてきてから支柱を立てることにした。

 

植え直してから、5日ほど経過してるが、今のところ順調に成長しているように思う。